スポンサードリンク


どんな種類のコバエがいるの?


種類の違いによってコバエの発生場所は変わってきます。

コバエという名前は実際には無く、ショウジョウバエやチョウバエといった名前の昆虫が小バエといわれているものになります。

ショウジョウバエ
台所などにいるハエで、生ゴミや熟した果物などを好んでいます。
ゴミなどを放置しておくと、すぐにそこに卵を産み、大量発生してしまいます。
その種類は日本では260種類ぐらいで、黄赤色をしている小バエです。
代表的な種としてキイロショウジョウバエとクロショウジョウバエなどが挙げられます。

ノミバエ
ゴミや腐ったものなどから発生します。
体が小さく、すばしっこいのが特徴です。
食べ物に産卵するので食品衛生上気をつけねばならないコバエです。
種類は20種類、黒褐色をしています。

キノコバエ
緑地などから発生し、室内の灯りにひかれて室内に侵入したり、家の中では観葉植物などから発生します。
カに似た形をしていて、日本では約150種類います。
色は灰黒色をしています。

チョウバエ
お風呂などの水際に発生するコバエです。
夜行性で夜活動し昼間は物陰に隠れています。
種類は約50種類、黒色の体をしています。

コバエ自体、病原菌は持っていませんが、食品に混入した場合には、微生物汚染なども考えられます。
| いろいろなコバエ
スポンサードリンク

大手FX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。