スポンサードリンク


コバエの駆除の仕方は?


コバエの駆除は、簡単に自分でできます。

コバエを駆除する方法はたくさんありますが、自宅で簡単に自分でトラップを作る方法がいくつかあります。

まずめんつゆを使った小バエ駆除のトラップです。

これは容器に水とめんつゆを入れ、そこに洗剤を数滴たらすというものです。

これを作って放置しておくだけで、コバエはにおいに誘われて近づき、トラップに触れると沈んでいくので何もせずに大量に駆除が出来てしまいます。

この方法はめんつゆだけではなく、ビールであったりお酢あったり、コバエが好むもので代用が出来ます。


このほかの方法としてペットボトルを使った駆除トラップがあります。

作り方はまずペットボトルをカッターで下部6割、上部4割ぐらいの比率で上下に切り分けます。

ペットボトルの下の部分にはコバエが好きな果物の皮などを入れ、そのあとで切った飲み口の部分をさかさまにして下の部分に差し込みます。

さらに、ペットボトルの口の部分にはセロテープを半分くらい貼りコバエを逃がさないようします。

できあがったら小バエが発生する場所にこのトラップを置けば、効果的に駆除が出来ます。

駆除方法としてはこのほかにも、市販されている商品もあるので、いろいろ試してみると良いでしょう。
| お手軽コバエ退治

幼虫のコバエが発生する場所


幼虫のコバエの発生源の一つにカブトムシやクワガタのケースなどがあります。

小バエはケースのふたの間から侵入して、マットに卵を産みつけます。

産みつけられた卵は、幼虫になり、さらに成虫になって飼育用のケースの周りを飛び回ります。

ケースの中は適度の湿り気があるので、卵をうみつけられると大量に小バエが発生してしまいます。

カブトムシやクワガタに害はありませんが、一度発生すると絶滅することが難しくなってしまうので、小バエが卵や幼虫といった早い段階で対処する方が良いでしょう。

対策として、卵を見つけたり、幼虫を見つけたりした場合はすぐにマットを入れ替えるのが良いでしょう。

小バエの卵や幼虫を駆除してしまえば、マットを再利用することは可能ですが、万が一残っているかもしれないので、完全に交換してしまったほうが間違いありません。

さらに、プラケースとフタの間に市販の小バエ用シートや、新聞紙やキッチンペーパーなどを挟んでおけば、コバエの侵入を防ぐことが出来ます。

穴などが開いていると、またコバエが発生してしまいますので注意しなければいけません。

このような、飼育用ケースに発生するコバエは、腐葉土に卵を産むキノコバエです。
| お手軽コバエ退治

ホイホイ取れる?コバエホイホイ


ホイホイと言ういかにもコバエが取れそうな名前で販売されている、コバエがホイホイ。

こちらの商品に対しては、良い意見と悪い意見の両方があります。

というのも、コバエがホイホイというネーミングなのですが実はチョウバエには効果が無いので、否定的な意見があるのだと思います。

チョウバエというのは、生ゴミや熟したくだものに群がるショウジョウバエではなく、よくお風呂場などにいるコバエです。

どちらかというと蚊の種類に近く、排水口の中に溜まるスカム、雑菌のコロニーに発生します。

このチョウバエはホイホイでは取れません。

チョウバエを退治するには排水口などの発生源をつきとめて、水溶性の殺虫剤などを流し込むのが一番です。

一方、ショウジョウバエに対しては、このホイホイは一定の効果があるみたいです。

ショウジョウバエは、熟した果物の匂いなどが大好きなので、同じような匂いがあれば寄ってきます。

あとはそれを逃がさないようにして退治するだけなので、このホイホイではなくても代用ができます。

自分でも簡単に、めんつゆとかお酢を使ったトラップや、ペットボトルを使ったトラップなど、お金をかけずにコバエホイホイが作ることができます。

簡単にできて、効果も期待できます。
| お手軽コバエ退治

めんつゆでコバエを退治


めんつゆを使って、コバエ駆除する方法があります。

このめんつゆトラップは、簡単に大量の小バエを退治できるので、非常に役に立ちます。

やり方は簡単で、なんでもいいのですが家庭にある容器を用意します。

これは出来れば、平たい容器のほうがやりやすいと思います。

容器が容易で来たら、この中に水とめんつゆをいれます。

濃度に関しては、容器の大きさによっても変わるので、コバエの駆除をしながら微調整を行ってください。

ちなみにペットボトルを半分に切った入れ物であれば、水を半分入れ、めんつゆは水の5分の1程度です。

水とめんつゆを容器に入れたら、最後に洗剤を1,2滴入れ物に垂らしてください。

これで、めんつゆトラップは完成です。

あとはこれを放置しておけば、コバエがめんつゆのにおいに誘われて、このトラップにどんどん入ってきます。

トラップに入った小バエは洗剤の力で沈んでしまい抜け出せなくなってしまいます。

めんつゆがない場合には、お酢などでも代用することが出来ますので、それでやっても同じような効果が得られます。

このような方法でコバエの駆除は効率的に出来るのですが、やはり小バエを発生させないようにするのが1番の退治方法になります。
| お手軽コバエ退治

コバエは卵をどこに産む?


卵を産む場所はコバエの種類によっておおきく変わってきます。

まず一般的に生ごみや腐敗した食べ物などに群がるショウジョウバエと言われるコバエは体長が2,3ミリで、メスはふかして、3、4日ほどで産卵をします。

このショウジョウバエは1ヶ月程度の寿命で約500個の卵を産みます。

ショウジョウバエが卵を産む場所は、熟した果物やぬかどこ、味噌など発酵しているところが多いみたいです。

このようにコバエは高温、多湿な場所を好んで産卵します。

ですので、発酵食品や熟したくだものなどは食品衛生上、特に注意をする必要があります。



又、お風呂場などに出てくるチョウバエと言われるコバエは水際やスカムの上などに卵を産みます。

こういった場所にだいたい100個程度をひと固まりで卵を産みつけます。

チョウバエはこの卵から2日ぐらいで孵化して幼虫になり、その後さなぎを経てから成虫になり飛び回ります。

チョウバエの寿命はだいたい2週間くらいで、湿度が高く暗い風呂場などを好み、昼間は物陰に隠れていますが、夜に活動をします。

チョウバエの場合も食品に混入した場合には、微生物汚染なども考えられるので、浴室などを清潔に保ちコバエの発生に注意をしましょう。
| お手軽コバエ退治
スポンサードリンク

大手FX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。