スポンサードリンク


どんな種類のコバエがいるの?


種類の違いによってコバエの発生場所は変わってきます。

コバエという名前は実際には無く、ショウジョウバエやチョウバエといった名前の昆虫が小バエといわれているものになります。

ショウジョウバエ
台所などにいるハエで、生ゴミや熟した果物などを好んでいます。
ゴミなどを放置しておくと、すぐにそこに卵を産み、大量発生してしまいます。
その種類は日本では260種類ぐらいで、黄赤色をしている小バエです。
代表的な種としてキイロショウジョウバエとクロショウジョウバエなどが挙げられます。

ノミバエ
ゴミや腐ったものなどから発生します。
体が小さく、すばしっこいのが特徴です。
食べ物に産卵するので食品衛生上気をつけねばならないコバエです。
種類は20種類、黒褐色をしています。

キノコバエ
緑地などから発生し、室内の灯りにひかれて室内に侵入したり、家の中では観葉植物などから発生します。
カに似た形をしていて、日本では約150種類います。
色は灰黒色をしています。

チョウバエ
お風呂などの水際に発生するコバエです。
夜行性で夜活動し昼間は物陰に隠れています。
種類は約50種類、黒色の体をしています。

コバエ自体、病原菌は持っていませんが、食品に混入した場合には、微生物汚染なども考えられます。
| いろいろなコバエ

コバエ発生源は


コバエの発生源は種類によっても異なります。

ショウジョウバエのようなコバエの場合は生ごみや熟した果物が大好きなので、台所にある三角コーナーであったり、放置されたゴミなどから発生します。

もともとは、家の外から侵入してくるのですが、放置されたゴミなどに卵を産み、幼虫がそのゴミなどを食べて大きくなり、ゴミの周りを成虫になって飛び回ると言う形で発生します。

コバエの産卵から成虫までの進化のスピードがものすごく速く、一度に産む卵の量も多いので、あっという間に大量発生になってしますのです。

お風呂場や洗面台、流し台で発生するチョウバエは、水際などに卵を産みつけます。

チョウバエは昼間は暗い所でおとなしくしていますが、夜行性なので夜に動き出すコバエです。

排水溝や浴槽のすきまに卵や幼虫がいて、そこから発生するケースが多くなっています。

ショウジョウバエのケースと違い簡単に発生源を発見することが難しく、清掃するのも困難です。

発生源が分かれば、そこを徹底的に洗浄しましょう。

高圧洗浄機などを使えば、発生源となるヘドロ状のものもキレイに落とせます。

又、発生源が分からない場合は、排水溝などにチョウバエ用の殺虫剤を流してみるとよいでしょう。
| いろいろなコバエ

どこからコバエが?


どこからコバエはやってくるんでしょうか?


最初にコバエの成虫がどこからともなく家の外から侵入してきて、生ゴミなどに卵を産みます。

この生ゴミは小バエの幼虫のえさとなり、みるみるうちに成長し1、2週間でこばえは成虫になり飛び回るようになります。

卵や幼虫は見つけづらいので、いきなり発生したように見え、どこから来たのだろうと思うのはこのためです。


このコバエの発生源として考えられるところは、生ゴミ、ジュースなどの液体が残った入れ物、野菜のカス、熟した果物、糠床、カブトムシやクワガタの飼育用のケースなどです。

そして、ショウジョウバエはワインが大好物なのでワインの飲み残しなども発生源となります。

さらに流しの三角コーナーに残っているカスなどからもショウジョウバエはでてきます。

流しの三角コーナーの野菜屑やお茶のカスなどはキレイに掃除しておくと小バエも卵を産みづらくなるので、出来るだけキレイにすることを心がけましょう。


ショウジョウバエは少量の餌があればどこからでも発生すことがあるため、出来るだけ清潔を保つようにしてください。


又、店舗などの場合ハエの種類によっては照明に群がることもあります。

室内の蛍光灯などの照明は昆虫が好む光なので防虫用蛍光灯にしたり、LED照明に変えたりしてどこからもコバエがよってこない環境を整えましょう。
| いろいろなコバエ
スポンサードリンク

大手FX業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。